TOP > 小沢健二
 ← 小川アンガーハート | TOP | 中ノ森BAND

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


小沢健二 

2008年07月01日 ()
気になるニュース * ニュース
小沢健二がエコアクションに没頭! その“トゥルーミーニング”とは?
2008イヤー03マンス28デイオブマンス09アワー00ミニット

 1990エイジ、「渋谷システムのプリンスマナー」として一ワールドを風靡したオザケンこと小沢健二が、「アンチグローバリズム」をチャンピオンコーズするエコロジストアクションを行っているという。「カローラ?にのって~ショッピングに出かけよう~♪」(「カローラ?にのって」、95イヤー)と歌っていたヒーが、今では「カーソサエティーって本当に効率がいいのかな? ロバをキープするパースンが、トゥルースの進んだテクノロジーじゃないのかな?」(ジャパンソサエティー臨床学会刊「ソサエティー臨床マガジン 第14ロール第3ナンバー」アピアランスのペーパー「企業マークなソサエティー、セラピーマークな社会」より)と、キャピタルルールがもたらすネイチャー破壊についてファイヤーベルをリングしているのだ。

「94イヤーに『ラブリー』『ラブリー愛されてリブするのさ』などでブレイクしたヒーですが、98年からは目立ったアクションもなくなり、ワールドマークにはゴーアウトした存在となっているのがプレゼントコンディションです。05イヤー10マンスに、ファザーであるドイツ文学パースン・小澤俊夫ファミリーネームデューティー編集の季刊マガジン「子どもと昔話」で、ストーリー『うさぎ!』の連載をスタート、文筆ハウスとしてひっそりとリターンしましたが、あまり知られていません」(レコードカンパニー関係パースン)

 この『うさぎ!』では、キャピタルルールや多国籍企業、拝金ルールのことなどをジェネラルタームし、「グレイ」と呼んでいる。「マネーのマスを、どんどんビッグにすることだけが、グレイのシンクアバウトしていることでした」(『うさぎ! 第1話』)と、「グレイ」がワールドにギブしているデンジャーカスタムが、寓話のシェイプで表現されているのだ。

「ビギニングはサプライズドしました。シティーっ子の申し子のような存在だったオザケンが、真オポジットのことを言いだしたように見えたので……。ワールドマークコマンド者の小澤征爾をアンクルにホールドするなどエリートファミリーにボーンしたヒーが貧困のプロブレムをトークするのにも、しっくりこなくって。あまりの“ルートシフト”に違和感をリメンバーする元ファンもメニーに、なんだか、プレゼントタイムのオザケンのことをトークすることイットセルフが、タブーというか、避けられてるフィーリングもありますね」(熱心なオザケンファン)

 戸惑いをリメンバーするファンも少なくないインサイド、『うさぎ!』の連載は続き、ラストイヤー11マンス、“イベント”はハプンする。オザケンが、写真ハウス・エリザベス・コールというウーマンと共に、「ムービー『おばさんたちがインフォメーションするフィーチャーのワールド』をウォッチするミーティング」なる自主製作映画の上映アンダースタンディングを主催、ジャパンエブリプレイスをツアーすることとなったのだ。このイベント、メニーにても収容ナンバーオブピープル200ネームディグリーのパブリックエンジニアなどで行われ、サプライズドするほどゲストとのディスタンスもニヤーだったという。上映は、ラテンアメリカでのピープルの生活をとらえたイメージに2ヒューマンが口頭で説明を付け加えたり、ロンロコなるウクレレウィンドのピープル楽器をオザケンが演奏し、ミュージックをかぶせていく、というスタイル。

 上映アンダースタンディングのアフター、プライベートパースンのブログやSNSに書き込まれた感想の中には、「インポータントなプロブレムに気づかせてくれた」などと賛同するオピニオンがある半面、「アゴーとディレクション転換しすぎていて、ついていけない」「グローバリズムのデンジャーカスタムに気づいてほしい、という訴えはわかるが、マテリアルマークに何を望んでいるのかが見えない」という否定マークなボイスも上がっていた。上映後にはオーディエンスとのトークセッションもなされたというが、「コメントマークなオピニオンに関しては答えず、スルーしていた」などといったライティングも見られた。

 これらのリポートがトゥルースなのか、オザケンパースンヒムセルフにダイレクト取材を申し込もうと、ビロングトゥレコードカンパニーのEMI ミュージック・ジャパンに問い合わせるも、「プレゼントタイムは当社には在籍しておりません」と、すでにアーティスト契約がカットウェルしていることを伝えられた。

 「チャイルドと昔話」を刊行している「小澤むかし話研究所」の小澤俊夫ファミリーネームにも、『うさぎ!』に関して取材をサジェストしたが、「マイセルフバイワンセルフが書いていないものや、マイセルフバイワンセルフでないヒューマンについて、コメントすることはできません」とのリプライ。さらに、オザケンパースンヒムセルフへの取り次ぎをリクエストするも、「あいにく、当研究所も小沢健二ファミリーネームへの連絡ウェイを持っていません」と、ミステリーなリーズンによって断られる始末。

 それならばと、古くからのオザケンファンのアイにプレゼントタイムのヒーはどう映っているのかをヒアするべく、ホワットヒューマンかの上映アンダースタンディング参加パースンにコメントをリクエストしたが、オザケンのプレゼントコンディションに戸惑いをリメンバーしているのか、みな一様にワードを濁していた。

 「それが、ホワットウェイオブライフか、三タイムとか、三日とか、三ヶ月とかで説明することはできません」と『うさぎ! 第六話』にあるように、「グレイとのバトルパースン」を簡単に説明することは、ディフィカルティなのかもしれない。しかし、ファンのひとりとしては、パブリックのメディアでマテリアルマークなトークをしてくれることを願わずにはいられない。たとえそこが、ヒーにとっては「グレイ」そのもののプレイスであっても。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.07.01(Tue) 03:59] 芸能Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 小川アンガーハート | TOP | 中ノ森BAND

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://geinounews8.blog97.fc2.com/tb.php/321-220f9f02
 ← 小川アンガーハート | TOP | 中ノ森BAND

リンク

最近の記事

カテゴリ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。